ぷるぷる肌 化粧品

ぷるぷる肌化粧品の選び方は?賢く選ぶ方法!

ぷるぷる肌になるための化粧品(基礎化粧品)をちゃんと選べていますか?

 

あなたは化粧品を選ぶときは何を基準に選んでいるでしょうか?

 

ぷるぷる肌になるためには、あなたの肌に会った化粧品で
丁寧にケアすることが大切になります。

 

また、逆を言えば、現在肌トラブルがあったとしても
あなたに合った化粧品でスキンケアをすれば
誰でもぷるぷる肌を手に入れることができます。

 

あなたに合った化粧品を選ぶときに気をつけるべき注意点と
選ぶポイントについてご紹介していきますので
化粧品を選ぶときの参考にしてください(^^)

 

 

たいていの人が、
「無添加のもの」
「石油系の成分の入っていないもの」
「とりあえず敏感肌用」
「やっぱりオーガニックが最強でしょ」
このようなアバウトな感じと、イメージで
化粧品を選んでいるんじゃないでしょうか。

 

確かに無添加のものはお肌に優しい気もします。
添加物の筆頭である防腐剤は良く注目されますが
実際は防腐剤というのはそんなに肌に負担をかけていません。

 

だいたい、防腐剤がなければ腐るのは当たり前なので
良く考えてみれば常温においている化粧品が
防腐剤なしで腐らないほうが不思議といえば不思議です。

 

防腐剤にアレルギーがある人もいらっしゃるので
そういう方は肌がどうのということよりもアレルギーとして
気をつけるべきでしょう。

 

ちなみに肌が荒れる原因となるのは防腐剤よりも
圧倒的に界面活性剤です!

 

何がいいたいのかというと、必ずしも無添加にこだわる必要はないということです。
無添加と書かれていたら、防腐剤よりも界面活性剤は?
というところに注目したほうが、ぷるぷる肌への化粧品選びになります。

 

 

また、石油系の成分を避けるというのは
戦前の化粧品のトラブルの話が今になっても言われていることです。

 

不純物を含んだもので作られていた化粧品では
確かにトラブルが起きたことがあります。

 

しかし、石油系の成分が肌に悪い化粧品ということではないんです。

 

だいたい、赤ちゃんの肌に安心と言われているワセリンは
実は石油系の原料からできているんですね。

 

あまり不安をあおられるような情報に過敏にならず
一度使ってみるというスタンスで選んだほうが
ぷるぷる肌になれるあなたのお肌に会った化粧品が見つかります。

 

 

敏感肌用の化粧品もそうです。
敏感肌用なら安全なイメージがありますので
とりあえず敏感肌用を選んでおけばいいと思われがちですが
敏感肌用は優しいというよりも使える成分が限られているため
全体的に効果が薄めという認識の方が正しいです。

 

また、オーガニックもぷるぷる肌になりそうな化粧品として
お肌に優しいイメージですが
むしろ植物のパワーは思ったよりも強いため
植物エキスは非常にかぶれやすいものということを覚えておいてください。

 

 

ぷるぷる肌になる化粧品を選ぶためのポイントは
あまり情報に敏感にならないこと
イメージを持ち過ぎないこと
正しい情報を手に入れること
これらを意識して、とりあえず使ってみる
というスタンスで試していくことが必要です。

 

その際は、返金保証がついている化粧品を使うなど
お財布にも優しい制度を使ってあなたに合った
ぷるぷる肌化粧品を見つけてくださいね!